老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

子供の歯について

詳しい方がいらっしゃるか分からないのですが、疑問に思ったので投稿させていただきました。


子供の歯についてなんですが、かかりつけの歯科医から矯正を勧められたので、違う歯科に行き診てもらったのですが、歯科医から「乳歯が足りていません」と言われました。
左右ともに前歯から数えて三番目の歯が欠如していました。
先生がおっしゃるには、先天性かな?と。
えぇー!と思って、聞きそびれてしまったのですが、小さい時から診て下さっていた、元のかかりつけの歯科で、欠如してる事には気付かなかったのでしょうか?
散々定期検診に通ってましたが何も言われず、別の歯科で今日初めて知ったのです。

幸い乳歯が欠如していても、その上には永久歯がスタンバイしているので矯正は間逃れませんが、生えてくるそうです。

私自身も息子の歯がどこが抜けたのかあまり把握していなかったのもいけないですが、歯が足りないのに気づかない歯科医はいるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-09-20 00:27:52

QNo.9539030

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

検診するときに 記号と番号で記載していきますから 気が付かないということはないと思います。
歯が少なくなる 顎が細くなる というのは現在進行中の人類の進化。
固い食べ物を食べなくなった結果によるもの という見方もあります。
途中が欠けているのではなく 全体として足りない というのは何らかの悪影響があるわけではないのです。

投稿日時 - 2018-09-20 13:29:56

ANo.1

ご質問が「歯が足りないのに気ががつかない歯医者はいるか」ということなら、
時期によっては、いるんじゃないですか?
でも、問題視するほどのことじゃないと。
全体を最後に?見ないと、数えないとわからないから。
言ってみれば、ボタンをはめるに、最後に、あれ?足りない。

乳歯の場合には、生えてくる順番もあるし、今どきはフッ素塗布などもやるので、全体を見てということはするけど、健診?のためだけにレントゲンを撮って、埋伏やらを見ることはあまりしないでしょうから、いずれでてくる?とでも
思っているうちに、今度は、永久歯が生えてくる準備のために、顎も発達して、乳歯は間がどんどんと動いて、空いてきますし、
生えてくる順番も必ずこの順番というわけでもなく、全部揃った?で数えて初めて、足りない?。
そのうちに、永久歯のほうがでてきたりもする。

上下の歯の数をカウントするように、生え変わりも
常に見ているならともかく、隙間だけ見ていると、乳歯は気が付かないことあるでしょう。

実際に、永久歯なども、咬合として上下並び、咀嚼にも無理?がないなら、
左右対象、上下とも一緒の歯の数ということもなかったりする。
歯の大小もあって、必ず、28本が上手には並ばないこともあるし。
それに、歯が小さいとすけますので、欠損とまで気づかないこともある。
実は欠損で、よく見ると、乳歯の生き残り?というのも有りです。
親も歯医者で、自分も歯医者で、コレがね・・・と、見せてもらったこともあります。

よく、小学校などでも、右上6,C1とか歯科検診するでしょう?
全部の歯をみていって、というようなときには、わかるでしょうけど、
こと改めて、
まぁ、わかっていても、指摘したから、どうということもないし、逆に先天性と言われると、他にも、なにか、悪いことがある?
あるいは、コレはどういうことなのか?とパニックになる人もいたりしますから、あえて、言わないこともあるんじゃないかな?
口の中で、見えないし、気が付かない、でも、矯正するなら、乳歯との入れ替わり時期に適当な時期に隙間を開けて待つなら、永久歯が誘導されてでてきますので、でも、コレとても、他の永久歯が揃ったときに、どうなるかは実は
矯正期間が長いことになるので、賛否があるそうです。

きれいに、並べたいなら、全部揃ってから、3年生ぐらいで一度相談して、
5-6年(骨の成長が始まる時期)に始めるのが、一番の短期決戦?だそうです。
とりあえず、多少、凸凹でもなら、乳歯との入れ替わり時期に誘導する方法は歯列弓を広げたり、部分的に隙間を作って生え変わりを待つとういのは、ありです。
でも、最終的に、出っ歯とか、凸凹を治すような、ことをするなら、
この時期(揃ってから)から矯正をするほうが、
子供の矯正期間が短いので、子供が嫌がらないと。

言ってみれば、生え変わり時期に、口の中に、装置(金属性の入れ歯?みたいな?)があるのは、幼い子供としては慣れなきゃ辛いですから。
並んだとしても、それは、結果オーライだとまで矯正歯科では言われました。

小児歯科の矯正の理論?と、矯正歯科の理論がちょっと、違っているとでも言うのかな?
我が家は子供二人が矯正してます。
父方が出っ歯の家系で、やはりその様な兆候が・・・・。
娘は、小学校高学年ではじめ、中学ぐらいでリテーナー。
親知らずがでてきて、下顎は、33の今、多少乱れてます。
虫歯になって、抜いたので、多少は、戻るかな?

息子は嫌がって、中学入ってからですが、真面目に通わず、中途リタイアですが、出っ歯(ビーバーちゃんみたいだった)・・・そのものなんとかなりましたけど、多少、ガタガタです。

それだけ、口の中になにかあって、そして歯をうごかすのは、とても、嫌なものなのです。

投稿日時 - 2018-09-20 09:35:24