老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「1人1個まで」ルールについて

1人1個までという商品や、イベントや映画の入場特典を並び直して購入、特典の受け取りをするのは法律的にはどうなんでしょうか?
バレた場合、店員さんやスタッフさんに「さっきも来ましたよね?」と言われて購入を拒まれる、特典の受け渡しを拒否されるかと思いますが、「いいえ、初めて来ました」と嘘をつき、購入、特典の受け取りをすることは法に触れますか?
この場合もちろんですが、商品代は買う分だけきちんと払う、イベントや映画の場合も並び直す回数分のチケット代は払っているものとします。

逆にお店だと先払いということは無いですが、映画館、イベントスタッフ側が正規の商品代やチケット代を支払っている客に特典を渡さない、場合によっては入場を拒否することは法に触れますか?

やってる人を見たことがあり、マナーやモラル的にはずるいし良くないことだと思いますが、法律的にはどうなのか気になり質問させて頂きました。
例えば何度も並んでいるかを防犯カメラで確認されてバレた場合、警察沙汰や裁判沙汰になったりするのでしょうか?

投稿日時 - 2018-09-14 01:51:30

QNo.9537082

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一人一個という制限は、具体的には例えば、より多くの人に店舗なり作品なりを知ってもらいたいという目的のために利益率を下げたり景品を付けたりする場合が考えられます。
その制限を破って客側が一人で複数を購入することで、店舗側は本来の場合に比べて買い物客の頭数を失ったり(つまり、別のお客さんが広告の品と一緒に他の品物を買う機会を店舗が失うということです)、映画であれば視聴して評価をする人の数を失ったりするわけです。
法的には業務妨害罪になるんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2018-09-15 04:31:45

お礼

そもそも1人に売ろうと、大人数に売ろうと売れた数が同じなら入るお金は同じだから、ルールとして定めているのは店側の良心や他の客からのクレームを避けるためだと思っていましたが、確かに長い目で見れば沢山の人に来てほしいですもんね。そういう意味で言えば業務妨害に当たる意味が分かるような気がします。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-09-15 10:58:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

業務妨害罪で逮捕でしょう

投稿日時 - 2018-09-14 10:53:52

お礼

一部場合によっては並び直し可のケースもあるので、並び直し禁止とも明言されていなければやってしまう人もいるかと思いますが、店のルール自体に法的拘束力がなくても、やはり店の意向に反することは法的にアウトなのですね。ダメと言われたらごねずに素直に身を引くべきですね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-09-14 17:08:44

ANo.4

売る側の意向に反して、
買いたい側の意向だけで、買いたい側が買いたい数だけ買えるようにしなければ違法だ、などということが通るわけがない

金さえ払えば何でもしていいというものじゃないのは、当たり前のことでしょう

投稿日時 - 2018-09-14 09:20:55

お礼

「金さえ払えば何でもしていいというものじゃない」
確かにそうですね。そういう人を見かけて単純にずるいなあと思っていたのですが、買いたい側と売りたい側のニーズが一致して初めて成り立つ取引ですものね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 17:03:38

ANo.3

転売によって、受け取ったチケットで、入場するのを断るのは合法とされています。

禁止しているのを、何度も並ぶのは、お店の営業を妨げる行為ですから。警察沙汰とか、裁判になる可能性もあります。

投稿日時 - 2018-09-14 06:08:01

補足

チケットの転売は、本来興行主と客との取引で発生する料金とは別の、興行主の利益にならないところで余計に金銭が発生するという別の問題が発生していますし、転売されたチケットでの入場拒否は転売の抑止力にもなるのでこの質問の場合とは状況が違うと思いますが、確かにそういった例で入場を拒否することがあるということは、ほかの場合でも入場を拒否することはあるかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-09-14 08:59:28

お礼

この場合、転売で買ったものでなく、きちんと映画館、イベント運営が指定する正規のルートで買ったチケット複数枚で何度も入場する場合を指しているので転売とはケースが違うと思いますが(転売は興行者側がいわば自分のところの商品でお金儲けをされている状態なので状況が違うと思います)、店側の意向に背くことは営業妨害に当たる可能性があるということですね。

投稿日時 - 2018-09-14 08:52:01

ANo.2

これは、店のお願いじゃ無くて、店のルールですので、守れなければ、当然注意されそれを無視したら出入り禁止になります。
それを無視したら警察沙汰になります。
即、逮捕はされませんが、何度も同じ事をしていると嫌がらせと見なされて、いずれ逮捕されます。

投稿日時 - 2018-09-14 04:51:48

補足

注意されても何度も繰り返す場合ではなく、注意されたらやめるけどそれまでは店側に「1度しか並んでいない」と偽って何度も並ぶことは違法に当たるのかということもお聞きしたかったのですが、書き方がわかりにくくすみませんでした。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 08:54:18

お礼

ありがとうございます。店のルール自体に法的な拘束力は無くても、守らなずに店やイベント運営側に迷惑をかけることになると法的な措置が取られる可能性があるんですね。

投稿日時 - 2018-09-14 08:42:50

ANo.1

金銭的被害を受けていない

>拒否されるかと思いますが

拒否されることを前提として質問されていますが、拒否理由が見当たりません

>法律的にはどうなのか

「お一人様一点限り」というのは、あくまでも「店舗側のお願い」の域を越えません

つまり、「法律」や「条例」が介入した内容ではなく、店舗側の「一人でも多くのお客様に売りたい」という単なる「希望」となりますので、警察沙汰や裁判沙汰になることもありません


しかし、書かれている事由の限らず、売り手側は、売りたくないという選択はできます

「お前に食わせるタンメンはねぇ」という感じです

投稿日時 - 2018-09-14 02:24:17

お礼

店やイベント運営側が指定した「1人1個まで」という決まり自体には法的拘束力はないということですね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-09-14 08:41:13