老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

情報量が多いのが良い先生でしょうか

学校の先生は、
1時限の間に喋る情報量が多い先生が良い先生でしょうか。

投稿日時 - 2018-07-12 20:54:11

QNo.9517644

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

そうでもないです。
生徒の学力を上げられる工夫ができるのが良い先生かと思います。

投稿日時 - 2018-07-14 15:56:33

ANo.5

 一時間に360万語喋ったが生徒に通じた語数は0の甲先生と、36語喋って36語通じた乙先生がいるとします。

 前者は情報量が多く、後者が通じる効率がいいと思います。どちらが良い先生かは、適当にお決めください。

投稿日時 - 2018-07-13 02:15:03

ANo.4

多ければ多いほど良いってものではないと思います。

投稿日時 - 2018-07-12 22:38:40

ANo.3

 教科や単元によります。また、生徒さんの理解力や興味の度合いにもよります。昔、高校の英語の先生が、トーマス・ハーディの作品について話をしてくれたことがありました。ほとんどの生徒は、その情報量の多さに辟易したり、大学入試に関係ないと自習をしたりしていました。私は、様々な評論家や訳者のセンテンスの解釈や評論に、勉強とはこういうことなんだと感心したことがありました。もちろん、私は英語が今でも苦手です(笑)
 回答は、月並みに一概には言えないということです。

投稿日時 - 2018-07-12 21:17:42

いいえ。児童・生徒・学生の理解が追いつく速度と圧縮度をもち,聞き手が考える間をあたえ,ときどき笑いがとれる人がいい語り部です。それには20年はかかります。

投稿日時 - 2018-07-12 21:11:17

ANo.1

 
生徒に考えさせるのがよい先生
 

投稿日時 - 2018-07-12 21:07:47