老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

こんにちは!宅建の過去問について質問です。

いつもご回答いただき、ありがとうございます!

宅建の資格取得をめざしています(あと100日で試験本番!!)。

過去問について質問です。

A が B から賃借する甲建物に運送会社Cに雇用されているDが居眠り運転するトラックが突っ込んで、甲建物の一部が損壊した場合(以下本件事故という)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはいくつあるか。なお、DはCの業務として運転していたものとする。

選択肢のうちのひとつです。

Aは甲建物の残りの部分だけでは、 賃借した目的を達することができない場合 B との賃貸借契約を解除することができる。

ここですが 損害賠償請求権は発生しないのが原則と解説にありましたが、なぜなのでしょうか?

損害賠償ができるときというのは、このようなケースも含まれるのでは?と考えたのですが。。

解説をお願いしたいです、よろしくお願いいたします!!!

投稿日時 - 2018-07-11 17:14:51

QNo.9517313

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ちなみに
この解除は賃貸人の債務不履行や担保責任に基づくものではない
ので
賃借人の損害賠償請求権は発生しないのが原則だ

と、よみました。

賃貸人Bに対して、民法611条を根拠に解除できるけど
賃貸人Bに対して、原則請求権は発生しない。

と理解したんですけど、それは
賃貸人には、なんの責任もないから
Bに対して、損害を賠償しなくていい。

補足、ください。

投稿日時 - 2018-07-11 21:14:07

お礼

お礼がおそくなりごめんなさい!

いつも解答をいただき、ありがとうございます!とても助かってます!!

じーーーっと、問題文や解説をよんでいたつもりですが、たりなかったですね。

わかりました!!

一緒に考えてくださり
感謝しています!!
またヨロシクお願いいたしますね!!

投稿日時 - 2018-07-14 09:18:40