老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

イギリスの貴族は税金を払っているのでしょうか

イギリスには貴族がいますけれど、
イギリスの貴族は税金を払っているのでしょうか。

投稿日時 - 2018-06-14 08:55:14

QNo.9508180

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

イギリスの貴族も税金を払っています。
イギリス貴族は長きにわたって莫大な土地を所有してきた大地主だったが、20世紀に入ってからの相続税・財産税攻勢で経済的に没落する貴族が現れるようになった。特に第二次世界大戦後のアトリー政権の社会主義的政策によって貧富の格差が縮められたことで貴族の所領経営は危機的状況に陥った。
1946年には相続税の最高税率90%という貴族に過酷な引き上げが行われた。これは1954年には改正されて緩和されたものの、それまでに多数の貴族が壊滅的打撃を受けた。デヴォンシャー公爵家やベッドフォード公爵などは、直撃を被って本邸以外のすべての土地の売却を迫られた。セント・オールバンズ公爵やリンスター公爵のように本邸を含めた全土地を失って賃貸住宅暮らしに落ちぶれた公爵も存在する。
しかし経済状態は家ごとに差があり、うまく立ち回って相続税直撃を逃れ、いまだ莫大な土地を所有する大地主貴族も少なくはない。たとえばロンドンに莫大な土地を所有する第6代ウェストミンスター公爵ジェラルド・グローヴナーは、2015年のサンデー・タイムズ・リッチ・リスト(英語版)によれば総資産額は約85億6,000万ポンド(約1兆5,408億円)で英国内で経済活動する者(外国人含む)の中で第9位という資産家である。

投稿日時 - 2018-06-14 09:10:42