老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「国際連合」=「連合国」にしたい人達。

最近一般的には国際連合と訳されているのを何故かは知らねど、連合国と訳したがる人がネットでは散見されます。

そしてそういう人は、これまた何故かは知らねど、意地でも「現在も国際連合は連合国=戦勝国の組織」って事にしたい人とダブる事が多いようです。(例えば、日本が国連の常任理事国になれないのは“敗戦国”だからだ、みたいな“あなた国際外交に関するTVや新聞社が流すニュース、全然読んでないでしょ”と言わざるを得ない様なトンデモ説の主張者とか(笑))

そう言う人達は大抵

『そもそも国際連合は英語で記すと、The United Nationsだ。これは第二次世界大戦中の連合国という意味だ。戦後日本の外務官僚は、国際連合があたかも公平公正な機関であると見せかけようとして、連合国と異なる意訳をあえてしたのだ。』

と言った具合に主張します。

が(the) United Nationsを国際連合と訳し始めたのは、戦後の話ではありません。

国立公文書館アジア歴史資料センターのレファレンスコードB02033038700の『9 昭和20年2月19日から昭和20年2月28日』という標題の資料の全25画像中9画像目に「国際連合(ユナイテッド・ネーションズ)其の後の進展状況」と言うタイトルの資料が見られますが、これはポツダム宣言受諾の約半年前の1945年2月に(the) United Nationsの設立準備の状況を報告したものですから、日本ではまだ「鬼畜米英撃滅」とか言っていた頃のものです。

その頃の外務省が、敵国が作ろうとしているthe United Nationsを『あたかも公平公正な機関であると見せかけようとして』連合国ではなく国際連合と訳した、なんてどう考えてもても変ですよね?

戦争中の外務省が“League of Nations”(日本語訳では国際連盟)の後継組織として“The United Nations”という名称の国際組織を敵国(=連合国)が作ろうとしている時に、国際連盟に類似した国際連合という訳を考えるのは当然です。

いや戦争中の外務省が、連合国が新たに作ろうとしている、その国際組織の名称“The United Nations”をまた「連合国」と訳したら「連合国が作ろうとしている連合国」って事になってしまって、日本語としては寧ろそちらの方がどう考えてもおかしいです。

正しい訳が「連合国」と言うよりも、戦時中に「連合国が作った連合国」って訳にならない様に「国際連合」にするのは寧ろ自然な訳し方ではないでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-13 16:00:26

QNo.9507978

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>そしてそういう人は、これまた何故かは知らねど、意地でも「現在も国際連合は連合国=戦勝国の組織」って事にしたい人とダブる事が多いようです。
現在の国際連合が設立されたのは1945年10月です。第二次世界大戦での戦勝国を含む51か国(連合国となかまたち)で設立されたのですから、戦勝国の組織として判断しても良いかと思います。なので、連合国と国際連合は同じと見て良いかと思いますよ。

>例えば、日本が国連の常任理事国になれないのは“敗戦国”だからだ、みたいな“あなた国際外交に関するTVや新聞社が流すニュース、全然読んでないでしょ”と言わざるを得ない様なトンデモ説の主張者とか(笑)
日本が常任理事国になれないのは、国連憲章81条に書かれている「敵国条項」に日本が記載されているからです。この81条から日本の文字が消されない限り、日本は永久に世界の敵国なのですよ。また、日本は国連に参加する為に、毎年多額の拠出をしています(世界で第2位)。
そもそも、TVや新聞社が流すニュースを鵜呑みにしている方々の方が、本当の意味で世間知らずだと思います。
この敵国条項がある限り、どんなに日本はどれだけ武装しても日本独自で戦争を起こす事はできません。単独で戦争を起こせば、本当の意味で世界から敵国扱いされます。

>が(the) United Nationsを国際連合と訳し始めたのは、戦後の話ではありません。
あなたは国際連盟(国際同盟)と国際連合をごっちゃにしていませんか?
国際連盟は戦前に機能していた組織ですが、第二次世界大戦中は活動を停止しています。活動停止後1946年に解散し、国際連合にそのまま移行されています。とは言っても、1945年に設立された国際連合を主としていますので、移行されたと言いつつも、継承されたと言った方が正しいかもしれないですね。

投稿日時 - 2018-06-14 11:18:14

補足

>あなたは国際連盟(国際同盟)と国際連合をごっちゃにしていませんか?
国際連盟は戦前に機能していた組織ですが、第二次世界大戦中は活動を停止しています。活動停止後1946年に解散し、国際連合にそのまま移行されています。とは言っても、1945年に設立された国際連合を主としていますので、移行されたと言いつつも、継承されたと言った方が正しいかもしれないですね。

戦争中の外務省が“League of Nations”(日本語訳では国際連盟)の後継組織として“The United Nations”という名称の国際組織を敵国(=連合国)が作ろうとしていた時に国際連盟に類似した国際連合という訳を考えるのは当然であり、また昭和20年2月の時点で既に「国際連合(ユナイテッド・ネーションズ)其の後の進展状況」と言う資料が存在しています。

寧ろ継承されたのなら、尚更「国際連盟」の後継組織として「国際連合」の訳にするのは当然ではないでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-14 20:20:17

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2018-06-15 17:21:47

ANo.3

>国連というのは本当は連合国の意味で第二次大戦の戦勝国の団体と説明する

この説明はあっています。
なぜなら「敵国条項」として日本、ドイツ、イタリアという記述があるからです

戦前の国際連盟と何も変わっちゃいないのに国際連合と名前を変えたのは
国際連合脱退の趣旨と国際連盟加入の趣旨がつじつまが合わないためです。
なので同じ「The United Nations」を訳し変えたのです。

投稿日時 - 2018-06-13 17:28:41

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2018-06-15 17:21:58

ANo.2

それは見方によっては事実ですが、教科書的な文面解釈だけでなく歴史や実際の背景(運営や存在意義)も必要ですね。

では国内裁判や法解釈も完璧でしょうか?不当刑事告訴、判決など国家単位ですら複雑ですが、世界が関わる機関はもっと複雑です。
>日本が国連の常任理事国になれないのは“敗戦国”だからだ…。
これはもっともで、実際に敵国条項として存在し続けていますね、それも”事実”ですよ。
ちなみに、ついこないだ日経新聞では日本の使用済み核燃料の管理を厳格にすると米国から日本政府に通達があったそうですね、これの意味を理解出来る人は国際関係の政治的裏の基礎を理解している人間でしょう。

正直、言語訳しの解釈などはどうでもいい問題でしょうね、その上記の解釈と”だから~となる”と云う結論とに問題の本質はないです。
>TVや新聞社が流すニュース…
国内の情報でしたらゴミ同然です、国際関係論の本を読んで精査しても明日に答えは出ない位に国際政治を理解し本質(裏事情)を見るのは非常に大変です。

日本が常任理事国になれないのは、WW2史上初めて米国に脅威を与えた単独の国家として”有色人種”であるから敗戦後も防衛規模や装備を限定されている言うことです。
また他国を統治した時の統制力や技術水準、戦力(当時)は白人に衝撃を与えた唯一の”有色人種”であるから、自立した軍隊を保持できないようGHQにより憲法含め制約され現在に至る訳です。
(ちなみに、現在の日本人や国家方針がどうなど言う事に、米国政府の意思決定は考慮したうえで未来像は持ちません、米国政府の国家戦略は現在もロシア封じ込めと日本の防波堤利用とし、どちらも米国の右に出る存在にはならないように監視し脅威とならない範囲で利用する役目を与え続ける方針)
*少なくとも原爆を落とした過去の報復を恐れているのが米国です、ちなみに実際に報復する可能性や意図があるなどの話の定義で他国の政府は判断しません、それが国際政治の場になった時に日本人の思考や役に立たないと言えます。
*相手は理解してくれるだろう、もう大丈夫だろう、こんなレベルの意識や認識を平気でしてしまうのが今の日本ですね、国際社会と相当ズレた思考です。

ちなみにWW2以前に日本が常任理事国であったのは米国の脅威ではなかった為です。
いづれにしても日本の政治が国際社会の表舞台に影響を行使出来る事は今の時点は今後もないでしょう、平気で核を都市に落とせる決断を出来る国には何をしても勝てません。一生のび太君として生きるしかないのが日本の現状です。
世界で唯一のバカ正直の国は日本だけで、他に類をみません、1つの強運は島国で単一民族だと言う事ですが、それが時には人種気質が仇になってます。

投稿日時 - 2018-06-13 17:23:56

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2018-06-15 20:36:59

ANo.1

1942年に米英中ソで「Declaration of United Nations」がされていて、当時ルーズベルトはこの組織を軍事同盟と定義していたそうです。国連はこれらの国々にフランスを加え拒否権を持った常任理事国を作って成立し、名前もUnited Nationsを引き継いでいるのは事実のようです。ただ、現在の国連ができた段階では当初の軍事同盟の定義はなくなり、世界中の国々を加盟させる平和目的の組織になったので、名前はそのままでも定義が変わったと言うことだと思います。United Nationsを自然に訳すと連合国になると思います。中国語では、联合国(聯合國)なので、日本があえて国際連合と言っているのは、連合国を連想したり混乱を避けるため以外の何物でもないでしょう。
日本人に取っては決して気持ちのいい経緯ではないですが、でも戦勝5カ国だけが拒否権を持った団体であると言う事実のほうが名前よりはよほど気持ち悪いでしょう。
おっしゃるように、国連というのは本当は連合国の意味で第二次大戦の戦勝国の団体と説明する人がいますよね。でもUnited Nationsに関しては定義が変わってもう何十年にもなって日本も積極的な役割をしているし、新興国も力をつけている中でいつまでも第二次大戦を引きずり続ける説明もどうかと思いますね。

投稿日時 - 2018-06-13 16:56:04

お礼

回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2018-06-15 17:20:42