老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

絵画 をやりたいと思います!

絵画 をやりたいと思います!
教えてください。
水彩 アクリル 油 他で
1.耐久性があるもの
2.描きやすいもの
よろしくおねがいいたします。

投稿日時 - 2018-06-09 11:29:19

QNo.9506589

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.耐久性

何をもって耐久性とするのか、考えてみてください。
古典絵画のような油彩表現であれば、死後も作品が劣化することなく保存できることもありますが、基本は布製のキャンバスや板に描くので、壊れたり火災で焼失することがあります。
湿度によるカビや乾燥による剥落もありますが、さらに長期的な保存性と堅牢さを考えれば、フレスコ画のような壁画の方が耐久性は明らかにあります。
それほど長期的なものでなければ、アクリル絵具でキャンバスなどに油彩のように描くことがもっとも適しているかもしれません。


2.描きやすいもの
描きやすさも、もう少し細分化して考えてみるといいです。
たとえば、技術習得のしやすさ、素材の扱いやすさ、描きたいテーマやモチーフと素材の相性、また、素材の購入や管理のしやすさ、といった面も重要です。

たとえば油彩を行うとしても、油彩により発生する臭気が苦手で体調を崩すといった体質の人には描きにくいですし、日本画的な岩絵具水彩を行おうとしたとき、その素材を購入できる専門店が近くにないと、材料面での購入や相談がしづらく長続きしません。
しかし、油彩であれば、ホームセンターなどで購入できる油性ペンキも性質が近く代用可能ですし、アクリル絵具であれば水性ペンキも同様の性質なので、扱いやすいと言えます。
もちろん品質に差は出ますが、自分にとって扱いやすい素材であれば「描きやすい」と言えます。


結論として、どのような手法や素材であっても、一長一短があるので、何が適しているかを断言することはできませんが、まずは自分にとって身近な素材から絵画を始めてみるのがいいと思います。

投稿日時 - 2018-06-09 15:03:26

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-06-12 22:31:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

耐久性のあるもの 色でいうと 鉱物から作られた 岩絵の具です。
主に日本画に使われます。
現在は 似たもので代用品を使ったものもあるので しっかり確認してから買います。天然岩絵の具という表示です。
色の種類により高価なものもあります。

描きやすいものという質問は 対象の素材のことか 絵を描く材料 絵具等のことなのか
対象の素材としては 人物以外です。例えば リンゴの絵を描けば 誰でもりんごだと認識してくれるけど 人の顔は ほんの少しのずれで他人になります。
美人画を描こうとしても なかなか美人になってくれません。
描く材料としては簡単に消して修正できる 鉛筆 あるいは ペンタブなどIT系の道具を使ったものでしょうか。
ペンタブを使えば 直線も 曲線も簡単にきれいに描けます。
色塗りも ポイントを数回クリックするだけです。
修正も簡単で 消しゴムのような跡が残ることもありません。
完成すれば 紙にプリントアウトできます。

投稿日時 - 2018-06-09 18:50:20

お礼

ありがとうございます。調べさせて頂きましたが岩はHI gradeなので手が出ませんがいいがんりょですねー一生に一度は使ってみたいです!

投稿日時 - 2018-06-12 22:28:35

ANo.1

 
鉛筆画
 

投稿日時 - 2018-06-09 11:41:42

お礼

ありがとうございます。

やはりデッサンからですかね。

投稿日時 - 2018-06-09 14:01:44