老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新刊注文と新刊委託について

出版流通を勉強していますが、標記のこの両者の違いがわかりません。知っている方教えてください。

投稿日時 - 2018-06-04 17:52:08

QNo.9505073

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

委託制度とは、売れなかったら仕入値で返品できる制度のことです。出版社が取次や書店に対し配本し、販売を委託します。そこで、書店は委託された出版物を一定期間販売します。書籍の委託には、3つあります。
【返品期間】
   1、新刊委託   約 3ヶ月
   2、長期委託   4ヶ月 ~ 6ヶ月間
   3、常備委託   1年間     
雑誌の委託期間は、
週刊誌は 45日間
月刊誌は 60日間
コミック・ムックは 60日間となっています。
その商品を「委託」にするかどうかは出版社の判断です。

新刊注文、書店からの注文ですから仕入れです、いわゆる買取です。
売れなかったらどうするかはそれぞれの書店と出版社との契約になります。

投稿日時 - 2018-06-04 18:04:47

お礼

大変参考になりました。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-06-04 20:31:02

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

私の知識が古いのかもしれませんが、記しておきます。
 新刊委託、長期委託、常備委託の中で、法的に委託販売に相当するのは常備委託だけです。
 常備委託は、特定の書物(例えば○○文庫、▽▽新書など)を常備することを条件に小売店に販売を委託することです。書物の所有権は出版社にあります。契約期間が終わると、書物は回収されます。他の「委託」とは違うので、常備寄託と言い換えるようです。
 そのほかは、書物が小売店に届いたところで所有権も移ります。
 新刊注文は買切り制で、原則として返品はできません。
 新刊委託は、「新刊」と言えなくなるころまでに返品して精算をします。純粋の売買契約ですが、短期間だけあずかったという感じがするため、「委託」というのでしょう。「普通委託」ともいうようです。
 長期委託は、「委託」が「新刊」と言えなくなるころまで継続するもので、返品された書(在庫品)を再度出荷した場合もあるようです。

投稿日時 - 2018-06-15 05:53:39

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-27 18:24:58

ANo.2

委託というのは、書店の棚を借りること。
置いてもらうため、本を渡しても収入は入らず、売れたあと数ヶ月したら売り上げが入ります。
売れなければ返本されます。
この制度のため、国民的大ヒット作でも返本の山で版元を倒産させたことがいくつもあります。

注文というのは、書店が買い取ることです。原則として版元が強ければ返本はされません。
本は再販制度に守られるため、書店の判断での安売りができないので、売れなかった場合、新刊ではなく中古本として安売りされます。新古本といいますが、この状態になると悲惨です。

投稿日時 - 2018-06-04 18:38:40

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-04 20:29:11