老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカずっと双子の赤字、でもずっと非破綻、なぜ

アメリカは財政赤字、貿易赤字がずっと続いていますが、まったく破綻しません。またそれどころかどんどん豊かな国になっています。先日のニュースによればアメリカでは20年ほどで物価は20%ほど上昇したが、所得は40%ほど上昇しているとの話です。

アメリカは赤字続きで破綻どころか、どんどん豊かになっています。
アメリカはずっと財政は赤字、貿易でも赤字であるのにずっと破綻しないのはなぜですか?

 

投稿日時 - 2018-06-03 18:26:35

QNo.9504746

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

基軸通貨の国だからです。 
近年、中国が自国の通貨を基軸通貨にしようと動き、ヨーロッパなどが同調しているのは、ご質問にあるアメリカのやり方に対抗するためです。
ご質問にあるアメリカの利益の源は、日本や中国など他国がアメリカが刷ったドルを溜め込んでいるからです。

投稿日時 - 2018-06-03 22:03:19

補足

日本や中国など他国がアメリカが刷ったドルを溜め込んでいると、なんでアメリカが貿易赤字出し放題で、財政赤字出し放題で、アメリカが破綻せず、クラウディングアウトも起こらないのでしょう?

投稿日時 - 2018-06-06 00:51:45

お礼

その後いろいろ調べました。
結局、 アメリカは金本位制のときに保有している金以上のお金を刷りまくって使っていたことと似て、現在でもざまざまな悪手を用いてアメリカがお金を自由にできる仕組みづくりが行われているという感じなのですね。

投稿日時 - 2018-06-17 13:56:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

(1)貿易赤字は破綻するかどうかの指標にならない。日本は世界一の貿易黒字国だが、ちょっと前、経済がよくなって、貿易黒字が少し減り話題となった。これは、海外からの投資が集まって、それは借金とカウントされたためである。すなわち、経済が好調で世界から投資の金が集まるアメリカは貿易赤字になる傾向にある。

(2)財政赤字による破綻の危険は、長期金利で客観的に判断できる。日本は0%、アメリカは3%、ギリシャは4.5%くらい。日本は加えて、日本国国債の保有者における海外の割合は6.1%なので、おそらく世界一財政破綻しにくいと思われる(資本の海外逃避がほとんどない)。アメリカの3%(少し前は0.25%)はFRBが景気の過熱を防ぐためにわざとFF金利を上げたためで、これも景気が良いせいであがっているので問題はない。

それで(1)も(2)もアメリカの経済が良好であることを示唆するわけだが、当然、経済が良くなれば、所得もあがる。さらに、トランプが大型減税をやったので、さらに景気は好調である。一番のアメリカの経済好転の立役者は大統領の次に権力があるといわれるFRB議長、バーナンキやグリーンスパンだろう。

安倍はどうしても消費税10%をやりたいようだが、このような日米の違いが、日本の実質賃金を下げ、アメリカとの所得の差をひろげている。すなわち、金融政策、財政政策(赤字容認してでも財政出動する)の失敗が日本の貧しさの原因である。

消費税10%なんてとんでもない。

投稿日時 - 2018-06-06 17:50:45

ANo.12

赤字分は借金すれば何とかなります。
どこぞの属国がずっと米国債を買い支えているので
破綻しないという構造になっているのです。

基軸通貨だからというのは何の説明にもなっていませんね。

投稿日時 - 2018-06-06 10:05:41

ANo.11

回答NO7、human21です。
補足の中の質問にお答えします。

アメリカの債務は確かに対外債務ですが、アメリカ国債の利子や
償還を行えれば何も問題はありません。
米ドルでの支払いなので、アメリカが支払い不可能になる事は
まずないと思われます。

地方債務は地方の問題です。
仮に地方の幾つかが破綻しても、アメリカの破綻には繋がりません。
日本の北海道の都市が破綻しましたが、日本の破綻に
繋がっていないのと同じです。

投稿日時 - 2018-06-06 09:53:18

補足

> 仮に地方の幾つかが破綻しても、アメリカの破綻には繋がりません。

これはありえませんな。
アメリカで一つの州が破綻したなら経済原理としてリーマンショックじゃ収まりきらないですよ。

投稿日時 - 2018-06-11 19:39:59

ANo.10

〉なんでアメリカが
〉貿易赤字出し放題で、財政赤字出し放題で、アメリカが破綻せず、

基軸通貨ということは、世界が富めば富むほど、海外にドルが溜まる、言い換えると必要とされることを意味しています。
基軸通貨を持つ国は、世界経済が伸びている間は対外的に貿易収支は赤字であり続けることになります。

なお、財政については、赤字であり続けることはできないので、日本よりは厳しい制約を議会から課されているので、日本ほどではないですよ。
あと、念のため。
日本の国債が国内で持たれているというのは、一種の幻想です。
日銀が買い取っている分以外は、わりと多くが実質、海外ファンドに握られています。
直接保有が法令で規制されているので、先物など形を変えた形ですが。
国債の買い取り義務を課されている銀行たちのモラルは、わりと低いですよ。

投稿日時 - 2018-06-06 09:13:40

ANo.9

no.2です。貿易赤字とドル安ということは、対日貿易に限定した話しですね。日本車の輸入を減らし、米国産農産物の輸出を伸ばそうとするなら円高ドル安に導くのが政策として正しいです。原因と結果が逆のようです。

投稿日時 - 2018-06-06 03:49:54

補足

それでもアメリカはずっと貿易赤字が続いていますが?

投稿日時 - 2018-06-06 08:07:48

何だかんだで世界の中心だから。

投稿日時 - 2018-06-04 16:31:20

補足

要するに何も知らないけど回答書き込みしてみたかったと。

投稿日時 - 2018-06-06 01:00:24

ANo.7

アメリカが財政破綻しない理由は、借金がGDP(国内総生産)
比107%と高くないからです。
GDPが巨大な為、双子の赤字が続いても問題ありません。
アメリカのGDPは日本の約3.8倍あります。

ギリシャが実質破綻した時、借金がGDP比200%まで
増えていました。
ちなみに日本の借金はGDP比240%になっています。
破綻確率は、日本の方がアメリカより高いと思われます。

投稿日時 - 2018-06-04 09:17:32

補足

アメリカの借金はギリシャと同じ 対外債務であり、外国から借金をしているという悲惨な事態ですよ。

またアメリカの場合地方債務なども合わせると債務総額は60兆ドル(GDP比400%)を超えているとも言われており、アメリカの借金 は世界でダントツですよ。

投稿日時 - 2018-06-06 00:59:33

ANo.5

貿易赤字というだけで「損」をしているということではありませんよ。
アメリカはしっかり輸入しているのに、他国はアメリカ製品を買っていない。
アメリカ製品をもっと買ってくれと言っているだけです。

投稿日時 - 2018-06-03 20:06:48

補足

貿易赤字が続けば、輸出より輸入の方が多いので、通貨安になって行き、その国のすべての人が損を被ると習いました。

アメリカは長年貿易赤字をだし続けています。でも相変わらずドルは世界一信頼されているし、クラウディングアウトも起こっていません。

これはなぜなのですか?
貿易赤字出し放題で問題ないなら、お金を刷りまくって、海外からもの買い放題が永遠に続けられるはずで、無税国家さえ可能になります。

投稿日時 - 2018-06-06 00:49:49

ANo.4

 米国は貿易ルールを身勝手に変えられる国だからです。他の国が何を言おうと、関税を上げると言えば、米国に従うしかないのが実情です。強いドルを増刷すれば、赤字解消という国でもあります。日本のように円高で苦しむような国とは違うのです。

 日本経済がうまくいかないのは、個人所得が増えて経済成長する政策をやろうとしない政治体質に問題があります。住宅政策を見てもわかるように、狭い住宅しか建てられないようにした結果、大型家電、大型家具が売れなくなって、消費が行き詰るという愚行を繰り返している国です。貸し倒れが起こらないようにした結果、借金地獄を恐れて消費が増やせない国にしたのも同じです。愚行を重ねて行き詰ったわけで、米国は消費大国であるだけでなく、借金逃れが出来る法律があるわけで、そこが日本と違うのです。

投稿日時 - 2018-06-03 19:53:00

補足

「赤字が続いて大変だ~」と言っている人は教科書通りに、赤字が続けばクラウディングアウトが起こりいずれインフレに歯止めがきかなくなり破綻するという話をしています。公教育の経済の教えに従えばそれが正しいです。
ですがアメリカが破綻しない現実があります。

ではどのような経済の動き、政治の動きによってクラウディングアウト回避、破綻回避ができているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-06 00:44:04

ANo.3

 
貿易赤字・・・赤字の言葉があるが何も問題ではない
単に輸入金額が輸出金額より多いだけの事、輸入業者は儲けてます、輸出業者も儲けてます、誰も損をしていない

投稿日時 - 2018-06-03 19:02:54

補足

アメリカがトータルで赤字なので、損をしているはずでは。
長年赤字が続いているので大幅にドル安になっているはずですがそうもなっていない。
アメリカは長年赤字を垂れ流しているのに、なんで大幅ドル安になったり、クラウディングアウトが起こったり、破綻したりしないのでしょう?

投稿日時 - 2018-06-06 00:41:22

ANo.2

 貿易赤字は輸出入額で輸入の方が大きいということに過ぎません。輸入したものは米国民がお金を払って買います。輸入品を売った貿易会社は利益を出して、納税します。それは米国の税収になります。

投稿日時 - 2018-06-03 18:44:37

補足

教科書通りに考えれば長年貿易赤字が続いているので、大幅なドル安になっていなくてはおかしいのですが、そうなっていません。
なぜなのでしょう?

投稿日時 - 2018-06-06 00:39:16

ANo.1

日本も赤字大国ですが、実際、「赤字」という概念が違います
国は借金があって当たり前
「赤字も財産」のうちなのです
いわば国民は国の「身内」で国が積極的に返す必要は無い代物なのです

赤字という言葉から、大変だ~という認識があるだけで、実は国の借金なんて大したことはないのです
日本は赤字が増えた増えたとマスゴミは言いますが、バランスが取れている国だと思います
アメリカも然り・・・

投稿日時 - 2018-06-03 18:32:26

補足

なんで赤字が長年続いて「大変だ~」と言われているのに問題が起こらないのでしょうか?
「大変だ~」と言っている人は教科書通りに、赤字が続けばクラウディングアウトが起こりいずれインフレに歯止めがきかなくなり破綻するという話をしています。公教育の経済の教えに従えばそれは正しいです。
ですがアメリカが破綻しない現実があります。
ではどのような経済の動き、政治の動きによってクラウディングアウトが回避され、破綻が回避されているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-06 00:37:20