老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ファイルサーバーにあるpstファイルの利用について

【環境】クライアント:Windows10,Outlook2016(オンラインモード)サーバー:Exchange Server2016(メールサーバー)、Windows Server 2012 R2(ActiveDirectory)Windows Server 2012 R2(ファイルサーバー)

客先では、Outlook2016の設定は「オンラインモード」で利用しています。メールボックスの容量不足になるとメールは受信できるが、メール送信が行えなくなるため、不要メールの削除、「古いアイテムの整理」でアーカイブファイルにメールの移動を行ってもらっています。

「古いアイテムの整理」で作成したアーカイブファイル(archive.pst)は個人毎に割り当てられているファイルサーバーのネットワークドライブにおいています。


アーカイブについてはオンラインアーカイブではありません。

ファイルサーバーに 個人毎に割り当てられているネットワークドライブにアクセスできていて、アーカイブファイル(archive.pst)を見ることができます。
しかし、Outlook2016を起動すると「ナビゲーションウインドウ」にあるアーカイブファイル(archive.pst)を開くことができない事象が発生したとのお問い合わせを頂いております。

その場合、以下を試してもらうようにユーザーに案内をしています。

(1) Outlook2016のプロファイルの再作成
(2) Outlook2016の「ナビゲーションウインドウ」にあるアーカイブファイル(archive.pst)を閉じた後に「ファイル」タブ-「開く/エクスポート」-
「Outlookデータファイルを開く」で個人毎に割り当てられているネットワークドライブにあるアーカイブファイル(archive.pst)を開く
(3) 受信トレイ修復ツール(SCANPST.EXE)を実行して、個人毎に割り当てられているネットワークドライブにあるアーカイブファイル(archive.pst)を修復

下記の情報を見ると、ネットワークドライブにアーカイブファイル(archive.pst)を置くことは推奨されていないようです。
しかし、旧システムからそのような運用になっているようで、オンラインアーカイブに変更することなく、そのまま使う必要があるようです。

ネットワーク上の PST (OST) 【前編】推奨されない理由と発生する問題
https://blogs.technet.microsoft.com/outlooksupportjp/2014/09/24/pst-ost-123/

このような環境でも比較的、事象を軽減するための方法として以下を案内していますが、それ以外に現状の環境において事象の発生頻度を抑える方法はありますでしょうか。

(1) Outlook2016を終了する場合は、個人毎に割り当てられているネットワークドライブにあるアーカイブファイル(archive.pst)を「ナビゲーションウインドウ」から閉じる。
(2) 必要なときのみ、個人毎に割り当てられているネットワークドライブにあるアーカイブファイル(archive.pst)を「ファイル」タブ-「開く/エクスポート」-
「Outlookデータファイルを開く」で開いていただく。

投稿日時 - 2018-06-01 22:52:47

QNo.9504202

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

MSが推奨していない(安定稼働を保証していない)運用方法を
承知で使っている。
業務で使うわけですから、ここを根本的に改善する必要がありましょう。

Exchange Server2016(メールサーバー)のストレージを増やす手当てが
できないのであれば
私だったら、適当なメールクライアントを使い、
適当なサイクルで、各自がpopでもメールを受信し、控えとして
>Windows Server 2012 R2(ファイルサーバー)
に(控えとして)格納するようにします。

Sylpheedなら、1メール/1ファイル、MH形式で保存してくれますし、
BATファイルで起動、終了のコントロールもできますので、
私的にはお勧めです。

投稿日時 - 2018-06-03 14:42:01

お礼

ありがとうございます。

旧システムからそのような運用で新システムでも変更はされていません。

Microsoftがメールアーカイブファイルをファイルサーバーに置く運用は推奨していない運用なのですが、新システムでも懲りずにその運用をなぜか行っています。
前に常駐していた客先ではオンラインアーカイブを使用していたのですが、ここではオンラインアーカイブは使用していないようです。

旧システムではメールボックスのサイズが300MBでしたが、新システムでメールボックスのサイズ1GBに拡張しました。しかし、それでも足りないようです。
設計は二次請がしていますが、根本改善はしてもらえていません。

そのため、運用で回避する方法が何かしらないかと思いましたが、根本改善以外には無理ということですね。
根本改善はされないため、できる限りの対処方法としてパソコンを終了する前にメールアーカイブファイルを切り離すことでユーザーには対処してもらおうとしたいと思います。

投稿日時 - 2018-06-04 00:07:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)