老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

民訴。 平成20年63問目

このイとオの文章の言ってることが分かりません。なにを言ってるのでしょうか?答えはどちらも×です。

〔第63問〕(配点:2)
攻撃防御方法に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし正しいものを組み
合わせたものは,後記1から5までのうちどれか (解答欄は ) 。 ,[No.73]

イ. 実体法上の形成権を訴訟上行使する旨の主張は,時機に後れた攻撃防御方法の却下の対象とならない。

オ. 請求の原因に関する中間判決がなされた場合,中間判決に接着する口頭弁論終結前に存在し
ていた事実であっても,これを主張しなかったことにつき相当の理由があることの証明があっ
たときは,当該審級においてその事実を主張して中間判決で示された判断を争うことが許される。

民訴。

平成20年63問目

投稿日時 - 2018-05-16 05:27:17

QNo.9498904

困ってます

質問者が選んだベストアンサー


判例 昭和30.4.5 昭和9.4.4


判例 昭和9.7.5

と反対のことを言っているような気がします。

投稿日時 - 2018-05-16 09:21:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)