老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカ人と日本人は歯質が違うってどういうことです

アメリカ人と日本人は歯質が違うってどういうことですか?

投稿日時 - 2018-05-12 07:27:54

QNo.9497578

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

歯科医師です。

人種により様々な形態的な特徴があることはよく知られています。
歯に関しては、前歯の裏側の形が日本人などのモンゴル系の人種と白人などのコーカサス系の人種とで違うことは有名ですし、奥歯の根の長さや形もモンゴル系とコーカサス系とでは異なります。

歯の形ではなくて「歯質」ということになると、すぐ思いつくのは、歯の色です。その他には歯質の差は思い浮かびません。
一般的に「歯質」というと歯の色や硬さなのですが、硬さに関しては個人差がとても大きく、同じ日本人でも歯を削ってみてとても硬い人と柔らかい人がいて、その差がとても大きいので、人種による差はあったとしても、個体差の方がはるかに大きいので、おそらく意味をなさないと思います。

投稿日時 - 2018-05-12 13:15:58

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-05-13 00:43:48

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アメリカは多民族国家ですが、あなたのいうアメリカ人っていわゆる白人のことですか。こういう大雑把な質問が出てくるきっかけを知りたいです。

投稿日時 - 2018-05-12 13:14:50

ANo.1

日本人として言われたことは、前歯の形状です。皿状に裏側が凹んでいるのが舌で触るとわかりますよね。それが白人にはないのです。

また人種で歯の色は確実に黄味がかっていたり違います。

歯が骨が同じ質だとすると、人種で骨密度が違います。黒人は密度が高く重く、白人が中間で、黄色人種は一番軽いのです。

投稿日時 - 2018-05-12 10:01:36

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-05-13 00:43:19