老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

竿

中空カーボンロッド(の竿元)は芯金に近い方から
(1)調子を作る縦の繊維
(2)潰れ剛性の横の繊維
(3)最外層をねじれ剛性効果のある45度のらせん繊維
で作られていて、一般的になりつつあると解釈しております。

ここで以下のような構造の竿を見つけました。
「ブランク内部に45°でクロスさせたカーボン繊維を配し、ネジレを抑える」
これって上述の製法とは違いますよね?どんなメリットが予想されますか?
ひょっとして日新宇崎社さんと同様な構造を指しているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-11 23:16:20

投稿日時 - 2018-05-12 01:06:00

QNo.9497525

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

少し、柔らかい竿になると思います。
メリットと言えるのか、といえば、好みではないかと思います。

投稿日時 - 2018-05-12 02:33:14

お礼

ありがとうございます。なるほど。
どんな構造・製法だと思われますか?
それとも既に所有されていらっしゃいますか?

投稿日時 - 2018-05-12 10:20:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)