老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

店がクレジットカード会社と提携する理由

なぜ、店舗は手数料がかかるのにクレジットカードでの決済をさせたがるのでしょうか。現金決済のほうが企業の経営上、キャッシュフローがあって良いのではないでしょうか。だから、現金商売の会社は倒産が少ないと思うのですが違うますでしょうか。
また、アメリカンエクスプレスが世界中で使えるとうたう割には、日本でアメックスの使える店が実体験上少ないのはなぜでしょうか。やはりアメックスの手数料は高く、店舗側のメリットが少ないためでしょうか。

投稿日時 - 2018-05-11 21:11:38

QNo.9497440

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

>>店舗は手数料がかかるのにクレジットカードでの決済をさせたがるのでしょうか。
 ・取りっぱぐれがないから
 ・手持ち以上の買い物をしてくれるから
 ・クレカが使える同業他社へ客を逃がさない為

>>アメリカンエクスプレスが世界中で使えるとうたう割には、日本でアメックスの使える店が実体験上少ないのはなぜでしょうか。
 AMEX/Dinersは元々富裕層向けで出発したブランドなので、Visa/Masterほど審査が簡単じゃないですし。
 契約店舗を開拓する時もAMEX/Dinersを持つ層が好むような所を優先してたので、Visa/Masterのように店舗数で劣るのは当然(高級レストラン・高級ホテル・百貨店・高級品を扱う専門店等では、当然のようにAMEX/Dinersで決済可です)
 それに、AMEX/Dinersをメインにしてる人も大抵はサブでVisa/Masterを持ってるんですよ(AMEX/Dinersだけだと不便と言う事は、その本人が一番感じてるのでw)
 だからその場所場所でカードを使い分けてるので、店としてもわざわざAMEXを導入する理由がないんですよ。
 ただでさえAMEX/Dinersは手数料高いので、店としても「出来ればVisa/Masterで決済してほしい」と思ってますからw
 メインをVisa/Masterにしてる人は敢えてAMEXを持とうとはしないけど、AMEXをメインにしてる人はほぼ100%サブでVisa/Masterを持ってます。
 ま、それでも日本ほどAMEXが使える国もそうそうないと思いますがね…。

投稿日時 - 2018-05-15 08:59:50

ANo.5

カードで買い物をするということは 借金するということです。
借金は未来の収入で返済にあてます。
つまり 未来に入る予定のお金まで使わせる。
それがクレジット。

投稿日時 - 2018-05-14 00:21:09

ANo.4

お店がクレジットカードを使えるようにするのは、売上機会を増やすのが一番大きな目的です。

例えば、2万円しか持っていない人が3万円の物を買おうとしても、現金しか取り扱わない店では買うことはできず、カードが使える店を選ばざるを得ません。

また、現金をもっている場合でもカードの利用でポイントが付く事からカードが使える店を選んでいる人も沢山います。(私もその一人です)

2点目が現金を扱う事で増える手間の削減です。現金を取り扱うと釣り銭の準備と、レジを閉める時の金額合わせに時間を取られます。
特に後者は、基本的に一円でも違うと問題になるので結構な手間になります。
ただ、後者は完全キャッシュレスにならないと完全には回避できないのですが、完全キャッシュレスになれば店の負担はかなり減ります(既に日本でも完全キャッシュレスの店が存在します)。

質問タイトルに「提携」と書いてあったので、店がカード会社との提携カードを出す場合には、顧客情報の収集やそれを利用した顧客へのサービスを展開する事により、さらなる売上の向上が期待できます。

アメックスについては、アメックスの他にJCB加盟店でも使える事になっているのですが、実際にはJCBと加盟契約を結んだ店がアメックスとも契約ができるだけで、契約しない店舗も沢山あるため使える店が多くありません。

店からするど、VISA、Mastercard 、JCBさえ取り扱えれば殆どの客はカバーできるため、加盟店手数料の高いアメックスとの契約を選ばないのだと思います。
なお、セゾンとMUFGの加盟店がアメックスの加盟店にもなると言う回答がありますが、まったくの間違いです。セゾンとMUFGはアメックスブランドのカードを発行しているだけで、加盟店契約は結べません。

セゾンやMUFGと加盟店契約する事により取り扱えるブランドはVISAとMastercard のみです。
同じように三井住友カード、楽天カード、トヨタファイナンス、イオンなどもそれぞれと加盟店契約する事により、2つのブランドが扱えるようになります。(まだ、他にも複数の会社かわ2つのブランドを取り扱えます)

JCBの場合は、必ずJCBと契約しなければならなあのですが、VISA、Mastercard については選択肢が多い事が日本国内でもJCBが使えない店が徐々に増えている理由です。
アメックスについては、それ以上に使えない事になります。

投稿日時 - 2018-05-12 04:25:51

ANo.3

>なぜ、店舗は手数料がかかるのにクレジットカードでの決済をさせたがるのでしょうか。

カード会社に対して、強い立場になりたいからですね。
強い立場になれば、カード手数料の値下げが可能。
同時に、カード利用が多くなると「自社提携カード」も可能になります。
また、カード広報誌の「紹介店」として記事になる可能性も高くなります。

>現金決済のほうが企業の経営上、キャッシュフローがあって良いのではないでしょうか。

確かに、現金決済だと手数料が不要ですからキャッシュフローは安全ですよね。
が、「宣伝広告費」の意味合いも若干あるのです。

>日本でアメックスの使える店が実体験上少ないのはなぜでしょうか。

この件は、アメックス日本支社が誕生してからの問題なんですね。
ご存知の様に、アメックスは「低所得者は相手にしない」という原則がありました。
JCBが創業する時も「低所得者は相手にしない」事で、援助しています。
※JCB創業期は「国内はJCB。海外はアメックス!」と営業。
※JCB創業時は、JCBは海外では全く信用が無かったのです。
※JCBカード所有者が海外に行く時は、一回限り有効のアメックスを発行していた。
ですから、アメックス加盟店になるには「それなりの基準・審査」があったのです。
ところが、バブル期に「初めて持つカードは、アメックス」の時代に突入。
新卒社員でも、アメックス緑を持つ事が多くなります。
敷居の高いアメックス加盟店での利用は、給料が安い新人では無理ですよね。
そこで、セゾンと提携して「セゾンアメックスカード」の発行を認めます。
つまり「セゾン加盟店でも、アメックスが利用可能」になったのですね。
バブル崩壊後、アメックス本社(アメリカ)は経営危機に陥ります。
※加盟店からの手数料収入よりも、ゴールドカード乱発による年会費収入増収路線に変更。
日本国内では、昔の縁を頼って「JCBに再建協力」を要求。
JCBとしても、断る事が出来ないので「JCB加盟店をアメックスに開放」します。
※基本的に、JCB加盟店ではアメックスが利用可能。
今では、JCBとアメックスは「加盟店開発会社を共同で設立」しています。
従って、アメックスが利用できる加盟店は(現在では)多いはずですよ。^^;
1.アメックス加盟店。
2.JCB加盟店。
3.セゾン加盟店。(流通系カード加盟店)
4.MUFG加盟店。
原則として、上記全ての加盟店でアメックスが利用出来ます。

>アメックスの手数料は高く、店舗側のメリットが少ないためでしょうか。

その点も、一理あります。
加盟店によっては、「手数料が安いカード利用推奨」を意図的に行っています。
利用できるカードステッカーを、隠している加盟店も多々ありますからね。

投稿日時 - 2018-05-11 22:22:31

補足

三パーセントの手数料を払ってでもクレジット決済を導入させたいインセンティブとはなんでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-11 23:05:59

ANo.2

一番はクレジットカードによる「信用・信頼」でしょう。クレジットカード発行には支払い能力を認める「信用」が必要です。角度を変えると信用に値する職業に大体は社員として働いてる証左になってるという事。

また、店側もクレジットカードで支払いができるという事で、お客側と同等の「信用」を得る事ができます。

続いては支払い方法の選択肢が広がる事で、お客の購買意欲は高まります。
衝動買いしようとした品物が持っている現金より高い時、クレジットが使えない店なら即諦めたり、店を出て現金を降ろそうと行動する間に心変わりしたり、買わないように変化する機会が増えます。
クレジットが使えると勢いで買えるので、心変わりする暇がないという風になりやすく、結果買ってもらいやすくなりやすい訳です。

当然、先に書いた「信用」が高まれば、安心して買ってもらえ、結果売上が上がりやすくなると思います。

上記のような理由でクレジットカードを利用できるようにしているのだと思います。

投稿日時 - 2018-05-11 22:08:06

ANo.1

現金払いだと、その売上金を銀行に入金する手間がかかるのに対して、カード払いだと、売上金は、カード会社から直接、お店の銀行口座に振り込まれるので、入金作業の手間もなくなるし、店舗に現金が貯まらないので、防犯効果も期待できると思います。

投稿日時 - 2018-05-11 22:05:49

補足

三パーセントの手数料を払ってでもクレジット決済を導入させたいインセンティブとはなんでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-11 23:06:37