老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エアーメールの料金配分

海外への郵便についてお伺い致します。例えば、日本からフィリピンへエアーメールを送る場合、わずか90円で封書が届きますが、各国の取り分はどのようになっているのでしょうか?

投稿日時 - 2018-02-08 15:51:06

QNo.9426908

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

万国郵便連合加盟国の場合「差出国が総取り」です(航空運賃とか継越料とかあるけど、複雑になるので省略)

で、受取国と差出国の間で「郵便物の年間総量で清算」します。

例えば、AとBの2国間で「A⇒BとB⇒Aの郵便物の量がピッタリ同じ」であれば「差し引きゼロ」にします。

例えば、AとBの2国間で「A⇒BとB⇒Aの郵便物の量が異なる」のであれば、双方の総量の差を求めて「差分〇キログラムあたり〇ドル払う」と言う形で清算します。例えば「A⇒Bが1トン、B⇒Aが3トンだったら、差の2トン分を2国間で清算」します。

「年間の総量の差」で清算し、1通ごとに取り分を分配するのでは無いので「各国の取り分」は判りません。と言うか「1通ごとには決まってないから、判らない」です。

投稿日時 - 2018-02-08 16:28:09

お礼

なるほど。重さですか。それで納得できました。考えてみれば、上手く考えたものですね。最初に考えた人はエライとしか言いようがありませんね……大変、勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-02-08 19:51:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)