老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生保と自立支援(精神)併用の一般薬処方箋料について

医療機関が、生保と自立支援(精神)併用の方の、精神薬以外の一般薬の処方をした場合、生保に処方箋料は請求できますか?
精神薬と同時に、いわゆるついでに、一般薬も含む処方箋が出された場合は、処方箋料は自立支援にのみ請求するのか、生保に請求するのか、または両方に請求できるのか、教えてください。

投稿日時 - 2018-02-02 04:51:22

QNo.9424725

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

こんにちは。これは結果的に誤請求だったにもかかわらず通ってしまったという場合ですね。

医科の診療報酬請求業務に精通しているわけではないので推測を交えての回答になることをご了承ください。

現在はレセプトの電算処理システムが普及していますが、紙ベースでレセプトを提出し人の目でチェックを行っていた時代であれば今回のご質問のような小さなご請求は見落とされる可能性があったでしょう。

しかしご質問のケースは電算化された後のものと考えると、自立支援と生活保護を併用している場合の処方せん料の算定について生保側に付けてしまっているもの拾い上げる仕組みがないのかもしれません。

通ってしまうケースと通らずに返戻されるケースがあるのだとしたら、抜き打ちで人が厳格審査するということがあるのかもしれません。

いずれにしましても私に推測できるのはこの程度のことですので、詳しく解明するには支払基金に直接伺ってみるしかないかもしれません。


的確な回答ができず申し訳ございません。

投稿日時 - 2018-02-07 17:39:26

お礼

ありがとうこざいます。とても参考になりました。精査して、支払基金に質問することも視野に入れてみます。

投稿日時 - 2018-02-07 18:17:12

ANo.3

こんにちは。生活保護と自立支援の併用時における処方せん料の請求先についての疑問ですね。

まず、原理原則として生活保護は「最後の砦」として機能します。
そのため、他の助成制度で賄える(支払える)部分は生活保護に請求することはできません。


ご質問の自立支援はちょっと複雑ですが、東京都福祉保健局の「自立支援医療(精神通院医療)についてのQ&A」に明記されています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/nichijo/tsuuin/jigyousyanominasamae.files/qanda.pdf
(こちらの74番です)

~以下抜粋~


 院外処方せんの書き方は、調剤薬局が公費負担の対象と対象でない薬剤が明確に分かるように記載してください。
 処方せん料は、1回の通院で公費負担の対象と対象外を明確にするため処方せんを2枚にした場合でも、1回として数え、精神障害の薬剤が同時に処方されていれば公費負担の対象となります(1枚の処方せんでも、公費負担の対象と対象外が明確に分かれていれば問題ありません。)。


~抜粋ここまで~


要約すると、1度の診察で発生する処方せん料は1回分のみ、処方せん料は自立支援の方に請求、生活保護には請求せず、ということになります。

これは生活保護以外の助成制度で賄える部分は生活保護に請求できないという原則に合致していますね。


ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2018-02-06 12:57:53

補足

すみません、追記です。
原理原則は理解できるのですが、精神科医院が、精神薬と一般薬とを同時処方し、本来なら自立支援に請求すべき処方箋料を、生保に請求し、支払基金も通過できているケースに出会いました。もしおわかりでしたら、処方箋料を生保に請求できる根拠は何なのか、教えて頂けたらと思います。

投稿日時 - 2018-02-06 23:05:46

お礼

ココカラファインさま、私の知りたい部分を的確に把握、また、ご解答下さいまして、誠に感謝しております。少々複雑なレセプトを見る事がありますので、今後もまた質問させて頂くことがあるかもしれません。また、お力添えを頂けたらと存じます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-02-06 22:54:17

生保の担当の人に他の病気(風邪とか)で、どこの病院で診察を受けたい。と連絡いれたら大丈夫です。

全部生保でやってくれます。

投稿日時 - 2018-02-02 08:02:20

ANo.1

病院でどのような薬を処方されても、「生保に処方箋料」が請求されます。生保はその方の医療費全般を各都道府県の予算で賄われています。ですから向精神薬以外の皮膚科とか耳鼻科などを受診されても、前もってケースワーカーに受診する事を言えば、生保で受診する事が出来ます。ですから、一旦、生保に認可されればすべての医療費は生保です。他の施設に請求が行く事は絶対あり得ません。

投稿日時 - 2018-02-02 07:49:21