老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

たい焼き・・・

●最近は、海外の人にも『たい焼き』が人気らしいですが、海外にも似たような食べ物はないのでしょうか。(日本のアニメで、たい焼きを知った人も多いらしいです・・・)

投稿日時 - 2018-01-14 04:20:26

QNo.9418171

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

パンだとか薄焼きの小麦粉のパテで挟んでと言う料理はいくらでもありますね。
だけど、ナマのどろどろの小麦粉に具材を放り込んで焼き上げるという発想はあまり見ません。

理由は簡単で、彼らは小麦粉で焼くものは基本的にオーブンで焼くパンなんです。どろどろとかべたべたした状態は原料であって、できたものが発酵して空気を吸って焼きあがったものが「仕上がり品」なんです。

仕上がり品同士を組み合わせることはあっても、何かの仕上がり品を原料にぶち込むという発想はあんまりないんですね。
タラモサラダなんてどうかという疑いがでるでしょうが、おそらく認識ではナマでも食べられるタラコときっちりアルファ化したイモを組み合わせてるだけでしょう。

あちらのほうでは、イカを焼くとしても焼いたものをパテにはさみます。ギリシャなんかで名物となっているものはすべてそういう作り方です。タコ焼きの発想はない。

あ、一つ気が付きましたがスコッチエッグというのがあります。ゆでたまごに衣をつけて揚げるというやつです。あれは仕上がったものを材料にまぶして加工しています。

日本でたい焼きの発想がすぐ出たのは「饅頭」からの発想です。アンコにナマの皮をかぶせて蒸すというのが従来からの饅頭の発想です。これを思うと、由来は中国から来ているということになります。あちらには、同じ字をかきますがマントウというただのふかしパンがあって非常にまずいものですけど、あの原料の中に炒めた肉野菜をいれて蒸かすいわゆる肉まんとか、胡麻餡を入れて蒸かす餡饅というものを見て、日本で小倉餡をいれた饅頭ができたんじゃないでしょうか。

この考え方は明治初年にあちらの形式のパンが入ってきたときすぐに展開されました。当時の饅頭屋だった木村屋の主人が、パン生地の中にアンコを入れて焼いたらどうだろうかと発想したのです。で、これが大当たりに当たった。

で、あちらの食べ物でパンケーキというのがあります。日本ではホットケーキと言っているもので、オーブンではなくフライパンで焼くケーキですね。これにアンコをはさんだものがどら焼きですけど、間違いなくこれは日本の発明品です。
で、まだ焼かないパンケーキの中にアンコ放り込んだって、焼けば一緒だからいいじゃん、という思い付きはすぐに浮かんで、これが今川焼ですね。この今川焼の発想は、表の皮が饅頭と違うだけで、基本的に饅頭の思想の地平です。

発想のもとはもうひとつあって、下町の、もんじゃ焼きです。
お好み焼きの薄い薄いだらだらした生地のなかに最初からソースだとか味を付けたものを焼いて、子供の御駄賃程度のお金で自分で作らせて食わせた。
子供たちはうまくするために工夫し、駄菓子屋で売っているアメだとか昆布だとかをこのなかに放り込もうと考えたのです。アメなんか、鉄板で温めたら溶けてどろどろになりますが、それを小麦粉の生地にまぜて焼いたんです。

もんじゃ焼きは大体そういう駄菓子屋の傍にあったもので、場合によっては店の中で駄菓子も売っていました。
そして、気の利く店主は、熊の恰好をしたり兎の恰好をしたりしたえぐれた鉄板を作ってもらい店に置いたのです。
そうすると、もんじゃと駄菓子が混ざったゴミみたいなものが小動物の形の小さな菓子に化けた。これは子供にとってはうれしいうれしいことです。今度は自分がこういうものを作ってやろう、目のところに紅ショウガが来るようなものを作ってやろう、みたいなことに熱中するのです。

はい、ここで、今川焼を別の形にしてみたらどうか、という思い付きになるのです。もんじゃのときでおわかりのように、鉄板で型を作って売る業者はおそらく相当安価で注文品を作ったものと考えられます。いろんな発想はあったかもしれないけど、正月なんかで絶対めでたいとされるあの魚の形はどうだろうかというのはほとんど誰がというのがわからないくらいに一気に思いつかれたものでしょう。
亀の形でもめでたいし、輪郭には問題ありませんが、日常に食べる習慣のあるものじゃありませんから、鯛には負けたわけです。

こうやってできたたい焼きが、海外に逆輸入されたんです。
中国でたい焼きが流行るなんて、もともと饅頭の国だったのにおもしろい話になります。
アメリカに行ってみるとわかりますが、あちらのたい焼きは、ベーコンを入れたりセロリを入れたりしますから、ホットサンドイッチやホットドッグと変わりないじゃんみたいな構成ですけど、皮がホットケーキですから甘く、いままで誰も食べたことがない味になったわけです。そのため三食たい焼きで暮らす人たちが発生したんです。

という意味で、すでにたい焼きは海外の食べ物です。少なくともベーコンやハムをいれたものが日本で売っていないなら、それは日本食ではないということになります。

投稿日時 - 2018-01-14 11:36:28

お礼

海外オリジナルのたい焼きがあるのですね、とても役に立ちました、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-17 04:36:05

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

東南アジア圏とかアフリカとかで小麦粉を水で溶いて型に流し込んで焼くおやつ的な軽食はあります。
その場合の型は今川焼みたく丸い形です。
海外でやっているのを見た日本人が持ち帰ってアレンジしたのが先か、日本人移民が作ったのがその土地で定着したのかは解りません。

投稿日時 - 2018-01-14 05:07:28

お礼

含蓄のある回答ありがとうございます、とても役に立ちました。

投稿日時 - 2018-01-17 04:32:05

ANo.2

ないとおもいますよ。NO1さんがおっしゃっているように韓国には似たようなものはあります
これは韓国も日本のパクリというのは分かっているみたいですし、あんこを入れるという発想はないみたいです。

投稿日時 - 2018-01-14 04:56:00

お礼

たい焼きは、日本独特の食べ物なのですね、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-17 04:30:28

ANo.1

韓国に、鯛ではなく、鮒だったかな?をかたどった、日本のパクリがありますね。

海外だと、デザインのある型に入れて作るという考え方があまりないんですよね。

あと、甘いあんこも、あまりないですよね。

似てるのというと、ワッフルになってしまうかなぁ?

投稿日時 - 2018-01-14 04:25:29

お礼

ベルギーのワッフル食べてみたいです、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-17 04:28:05