老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ピットコインって?

何のことだかわかりませんから
簡潔に解り易く教えて頂けませんでしょうか?
タムケンさんが熱く語ってるそうですが・・・
 いまいち判りません
仕組みと リスクを
有識者様! 教えてくださいませ。

投稿日時 - 2017-12-29 10:51:09

QNo.9412835

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

簡単に言えば、クーポン券です。

ただ、それの価値が、変動すると言うものになります。

複数の監視方法を使って、監視をして不正が起こらない仕組みになっていますが、現実問題として、その監視システムが崩れたら、崩壊する(なくなる)可能性もあります。

また、日本円を含む各国の通貨から見て、元本の保証はありません。

自国の通貨に不安を持つくにのひとが、飛びついて、自国通貨が破綻した時にと買い求める傾向があるため、それにあわせて相場が上昇することもあるわけですが、逆に一気に下落してしまう危険性もあります。

個人的な考えとしては、これらの仮想通貨は、最終的な破綻はあると思っています。
なぜなら、監視する人へも費用を払わないといけないわけです。
現在、監視するシステムは、マイニングなんて呼ばれています。
この人たちへしはらわれるのは、同じ仮想通貨です。
ということは、仮想通貨の総量は膨張していくと言うことになるわけで、総量が膨張していけば、単価は下がるのが基本です。

現在は株の取引と同じように、求める人が多いので、入手する人はその基本価値以上の金額を払って入手する状態になっています。
これが逆に回り始めた場合、もともと大元のものに対して何も担保がないものですから、下げ止まらずに突っ走る可能性もあるわけです。

今の所、政情不安から、少し前は中国で買われ、中国政府が中国国内での取引市場を禁止したため、一気に暴落をしました。
現在は、同じく政情不安から、韓国で買われているようです。
北朝鮮との間で、有事の際には、一気に暴落を起こすことも考えられます。

そう言うところをどう考えるのか?と言う話になります。

「下がることなんて考えられない!」と言う人もいますが、株にしても、国債にしても、土地にしても、きちんと担保があるものでさえも、暴落を起こすわけです。
仮想通貨の場合は、その担保がないものですから、暴落が起こったら、どこまで落ちるのかすらも予測ができないものになります。

そう言うところを理解してなら構わないと思いますよ。

投稿日時 - 2017-12-29 11:47:05

お礼

監視する人へ費用を払わないといけない。
同じ仮想通貨。ということは、仮想通貨の総量は膨張、総量が膨張していけば、単価は下がる。
担保があるものでさえも暴落.
仮想通貨の場合は、その担保がない。
 理解してなら構わないと」

 有難うございます。

投稿日時 - 2017-12-29 13:09:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ビットコインね。
お金のことですよ。それ以外のなにものでもないです。あなたが使ってるお金は紙と金属でしょ。それに価値はないですよね。でも日本政府が価値を認めてるからみんなが使うわけ。
ビットコインはネットで利用できるお金。つまり電子媒体でしかないです。でもそれに世界が価値を認めればお金になる。つまり国を超えて。
電子マネーと違うのかというのは電子マネーは円を電子にしたもの。つまりまだ日本政府の価値でしかありません。
ビットコインはそうではなく世界の人がそれを価値のあるものとしてやり取りできる。だから為替のような相場もあり価値も上がったり下がったりする。でも世界のものがそれで買えるわけ。
https://bitcoinjim.com/bitcoin-exchange/
便利なのはやはりどこでも通用することね。
ただまだ不安定だから失うかもって危険はありますよ。突然みんなが価値を認めなくなれば終わり。
ではどんどん発行しちゃえばいいじゃんと思うでしょうが、発行体が無いのが特徴で、発行体が無いのはブロックチェーンって仕組みと密接なわけです。
これは取引き内容がいろんなところに残り相互に同期がとれる仕組み。要するに改ざんが出来ないわけです。複数のログを一気に書き換えるなんて出来ないので。
まあ簡単に言えば以上かな?

投稿日時 - 2017-12-29 11:12:30