老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

なぜか請求されない10月分の国民健康保険料について

役所で国民年金についてご担当の方やお詳しい方、ご教示ください。

9月30日で前職企業を辞め、
10月1日~31日まで無職でした。
そのため、10月分を納付する必要があると感じています。

11月1日から現職企業に勤めています。
よって11月以降の分は納付しません。

10月17日に厚木市から東京都北区に引っ越しました。

本日11月18日、北区から封書で11月~18年3月までの納付書が送られてきました。

Q1.
10月分の納付書が同封されていないのはなぜですか?

Q2.
10月分は納付する必要はないのでしょうか?

なお、現職企業に結果の提出を求められた、全額自費での法定の健康診断(10/6 厚木市内のクリニック)を除き、どこの医療機関も受診しておりません。

Q3.
今後、10月分を納付しないことで、国民年金のように何かしらのデメリットを被ることはありませんか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-11-18 16:44:19

QNo.9398742

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

前職を辞めた日、および北区に転入した日からすると、10月分の国保料は北区から請求されるはずです。

北区の場合は、国保料は年間10回に分けて納めることになっています。したがって、転入時期からすると、11月~翌年3月の5回分が納付月になるようです。(10月期は手続き上、間に合わなかったと思われます)
http://www.city.kita.tokyo.jp/kokuhonenkin/kurashi/hoken/kokuminnhoken/nofu/kette.html
http://www.city.kita.tokyo.jp/kokuhonenkin/kurashi/hoken/kokuminnhoken/nofu/kesan.html
http://www.city.kita.tokyo.jp/kokuhonenkin/kurashi/hoken/kokuminnhoken/nofu/hoho.html
注意すべきは、年間10回に分けて(均等に)納めることから、その月に納めた額がその月の分というわけではないということです。

いずれにしても、北区への転入時に国保への加入手続きをしたと思いますから、勤務先の社会保険に加入したら、その健康保険証などを持参して、国保の脱退手続きをする必要があります。(国保に関しては何もしないでいると、面倒なことになります)
その結果、10月1か月分の国保料の精算ということになるはずす。ただし、厚木市に対して質問者さんの昨年の所得額の照会が済んでいればすぐに計算できますが、まだであれば少し時間がかかるかもしれません。

投稿日時 - 2017-11-18 18:16:49

9月30日退職すると。
資格喪失日が10月31日で「資格喪失の月の属するする月」は10月となり
社会保険は9月分となります。
9月分で終わりですので10月分は発生しない。
賢い退職です。
駄目な退職。
10月31日に退職しますと、9月10月の2か月分の社会保険料が引かれます。
1日違いで損します。

投稿日時 - 2017-11-18 17:34:47

ANo.1

国保は1年分を8回~10回に分けて支払うので、納期と加入月は一致しません。
年の途中で加入や脱退をした場合は月割りで保険料が計算され、納めすぎがあれば還付、不足があれば修正された納付書が届きます。

投稿日時 - 2017-11-18 17:16:21