老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生命保険料控除について

先日、職場で年末控除の書類を提出しました。
生命保険、介護保険、個人年金を合わせると控除額は満額の12万円を受ける事になります。

それで以下を教えて頂きたいです。
(1)12万満額控除受けれるくらいに保険加入してる方が、経済面や将来面を考えるとどうなのか?
保険見直しの必要はあるのか、若しくは満額控除受けれるのは上手な加入状況なのか?
(2)そもそも12万控除になると、住民税が減るそうですが、12月とかの給料明細額に反映されるのでしょうか?記憶では、確か12月の給料が多かったと記憶してますので。
以上2点お尋ねします。

投稿日時 - 2017-11-17 15:19:27

QNo.9398376

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

所得税については、他の回答者さんが書かれている通りです。
住民税についてですが、まず、控除の額が所得税の場合と少し異なります。住民税の場合の控除限度額は7万円です。
ご承知のように住民税は翌年の6月以降の給与から天引き(特別徴収)されます。年末調整の結果が反映されて、翌年6月以降1年間の手取り額が、その分だけ多くなるということです。
限度額の7万円の控除だとすると、住民税率は一律10%ですから、おおむね7千円安くなります。月額換算で583円程度です。

投稿日時 - 2017-11-17 17:00:39

ANo.2

(1)
 今年の保険の掛け金がたくさんある、という事実はわかりますが、
 だからどうか?なんてことは保険の内容や、総額や、その人のライフプランニングがどうか、など、総合的に判断しないと誰も何とも言いようがないです。
 保険ってのはただたくさん掛ければいいというものではありません。

(2)
 まずはじめに、職場でこの時期に年末調整の書類を出したことによるこのご質問だと思いますが、それは住民税ではなく所得税の計算でしょう。
 "最大12万円の控除を受けられる"というのは、所得税の生命保険料控除のことです。
 所得税は、毎月の給与をもらう時に源泉徴収されていると思いますが、言ってみればそれは仮の計算で、年末調整で1年分を最後にまとめてきちんと計算するわけです。
 1年間の所得税の計算をする際に、生命保険料控除などの所得税法で認められている控除を所得から引いて、税額を計算するので、年末ごろにそれらの書類を提出するのです。
 毎月の給与の際に源泉徴収によって間接的におさめている所得税が、年末に控除などの計算を含めて正しく計算すると、多くの場合に払いすぎていることが計算によってわかってきます。
 そして、12月の給与で払いすぎていた所得税が還付されてくる、というわけです。12月の給料が増えるのではなく、所得税が還付されているから手取り額が増えているのです。
 
 住民税にも生命保険料控除がありますが、所得税とは計算の仕方も、そもそも計算する時期も色々異なります。
 控除はありますので、住民税がその分安くなることは間違いないでしょう。

参考URL:https://keiei.freee.co.jp/2015/12/17/zyuminzei-seimeihoken/

投稿日時 - 2017-11-17 15:59:48

(1)その人の状況、収入によって異なる

(2)年末調整は住民税には直接関係しない
翌年の住民税には影響あるが翌年6月以降の話

投稿日時 - 2017-11-17 15:46:17