老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

碁の石は常に一石二鳥でないといけないのでしょうか。

少なくとも布石の段階ではそうでしょうか。詰め碁のような局面ではむしろ一石一鳥でないとうまくいかないのかもしれませんが…

投稿日時 - 2017-07-18 12:23:06

QNo.9353163

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 もちろん、一石二鳥であることが「望ましい」ですし、「一石三鳥」ならもっと喜ばしいですが、そうはうまく行きません。

 プロでも、「うん?、一手パスになりましたね」「何か勘違いでもありましたか?」と評価されるような、「一石零鳥」の手も打っています。あくまでも、プロ(解説者)の目で見た時の「一手パス」で、アマチュアには分かりませんが。

 聞くところによれば、将棋では、意図的に手を相手に渡すために、無駄・無意味な手を指すことさえあるようです。

 アマチュアなら、一石一鳥の手を打ち続けられれば立派なものだと思います。

投稿日時 - 2017-07-19 00:39:45

お礼

なるほど大変為になるお話でした。自分の石が鳥どころか自分の顔にあたってしまうようなことがしばしばです。

投稿日時 - 2017-07-19 02:02:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)