老親介護に悩む30~60代の方へ
老親介護ねっと[老人ホーム編]
トップ 老人ホームの選び方 介護関連ニュース 新規オープンホーム情報 老人ホーム取材レポート お問い合わせ リンク集 Q&A

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

物忘れの進んできた祖母について

同じ町内に住む祖母についての質問です。

祖母は現在要支援の祖父との二人暮らしです。
まだ生活に支障はない程度なのですが、最近物忘れが進んできました。
母が祖母から頼まれた約束のために自宅へ行ったらそのことを忘れていました。約束したのは数日前ですが、いつも通りカレンダーに覚書がしてあったのに、訪ねたところ訪問された理由が分からなかったそうです。他にも話をした内容だけでなく、会話そのものを覚えていない。私も同席していた場での出来事を、私が知らないかのように話すなどの出来事が増えてきています。「こうやって言ったでしょ」などと言うと「あぁ、そうだった?」と応じます。以前ならば「そんなの私は知らない。絶対そんなことはない」と断言する人だったので、本人も不安・違和感を覚えているようです。

祖母は介護認定はおりていませんが、足の状態などから、申請すれば通るだろうとかかりつけ医から言われています。ただ、現在介護サービスの利用の希望はありませんし、申請の具体的な予定もありません。二人での生活を祖母が支えており、町内の集まりでも中心的な立場で活動しています。農家ですが、税金などの把握は祖母がすべてしています。

祖父母の面倒を担うことになると思われるのは、10分ほどのところに住む叔母(長女)と同じ町内に住む母(次女)です。叔父もいますが、遠方に単身赴任中で子供もまだ小さい上、色々揉めている仲なので難しいと思います。私も近くにいますが、私は介護の仕事をした経験があり、過剰に「(私)が居れば将来も安心」と祖母は繰り返しており、私が関わればガッツリ私にだけ頼るだろうことが想像されますので、直接かかわるのは避けたいと思っています(そのことについては叔母と母は理解を示してくれています)。

今のところ支援がないと生活に困るようなこともないのですが、今後のために今出来る事を考えています。

○現時点では、祖父の担当ケアマネに母から電話し、「祖母との会話であまりにおかしいと思うことがあれば連絡してほしい」とお願いしました。
●私は現在の祖母の状態を把握し、状態が悪くなった時に比較が出来る様に、生活に困る程度でなくても、認知症の検査を受けさせることを母に勧めています。(祖父のケアマネさんからも主治医から検査を進めてもらう形で検査を受けてみた方が良いと言われています)健康診断を定期的に受けているわけではないようなので、健康診断を勧め、認知症の検査も織り込んでもらってはと言っています。
●また、最終的に施設にお世話になるのであればその施設のケアマネに担当になってもらった方が良いので、先々のことを少し考えるよう母に言っています。
●祖母は町内の集まりで金銭を扱うことにも関わっています。同じ立場で一緒に関わってくれる方がいるのですが、その方が信頼のできる人で介護事業にも携わっていて理解のある方なので、一声かけておいた方が良いようにも思っています。地域に深くかかわってきた祖母なので、今後もうまく地域の中で暮らしていければと思います。
●祖父は耳がかなり遠く、祖母の変化に気づいているか分かりませんが、祖父に認知症などの兆候は今のところありません。同居している祖父も「物忘れが気になるようになってきた」と祖母の現状を分かっておいた方が良いと思います。
●叔母は色々なことに献身的になってくれる人です。いざ祖母に手助けが必要になったら母よりも熱心に関わってくれると思います。なので、叔母と情報共有をして、少しずつ雑談交じりで良いので話をするように言っています。

祖父母を将来的に支えるのは母や叔母たちなので、私はあくまでわずかな経験を活かしてアドバイスをすることしかできません。

いざ生活が成り立たなくなってから慌てるのは本人も周りも大変です。今のうちに出来る心づもりや考えておいた方が良いこと、何かありますが?

投稿日時 - 2016-09-22 14:10:59

QNo.9232690

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

私も早期治療を開始した方が良いと思います

認知症と言っても 人それぞれで症状や言動などさまざまだと思います
これから要介護2~3辺りが一番大変な時期かも知れません
どんな症状が現われるか分からない そういう心構え程度と感じます
進行状況も人それぞれだと思います

忘れた事を教えた方が良いのか 何も無かった事にした方が良いのか 失敗を自覚すると脳が混乱して認知症が進行するとされている場合が多いですが 周りへの影響も大きい
難しいですが 新しい記憶から消えていく 消えた記憶は取り戻せないと感じます

治す事はできないが 進行を遅らせる事をできるかも知れない
我が家はものわすれ外来で受診していたものの 10年程で要介護4まで進み現在は特養入所です

同居しているものの困る部分としては 献立が毎日3食同じだったり 各食の献立が同じだったり 食べた事を忘れて何度か続いたり 夜中の0時に昼食を出されたり
家事を担当しているものの 収納場所が分からなくなり他の場所に収納 後で見つからない
洗濯で洗剤を間違えたり 何も入れずに動かしたり 洗濯を忘れて放置したままだったり 洗濯したものだと思い込んだり
動いていると暑いので 涼しくなっても窓を開けっぱなしだったり
毎日買い物に出ている場所でも 家の方向が分からなくなったり
一緒に暮らしているものとしては 身体能力に問題の無い認知症はなかなか大変でした

御祖父様は信じたくない 認めたくない状況かも知れませんが 無理をして日々の暮らしに影響が出ると体調を崩してしまう場合もあります
長年連れ添った妻 口に出すに至った困り具合も察する必要があるかも知れません 言わない事が多い可能性がある
様子を確認するために 2~3日泊り込みで状況把握するのも良いと思います

投稿日時 - 2016-09-24 10:25:46

お礼

ご回答ありがとうございます

質問の中で触れたように、介護の仕事をしていたことがあるので、様々な認知症の症状は見てきました。
今のところ日常生活に支障はありません。が、今の生活を続けさせるためにも早めに受診させます。

投稿日時 - 2016-09-24 10:53:58

ANo.4

シニア男性です。

まず至急しなければならないのは、

認知症、またはその前段階での「治療」です。
ほっとくと益々悪くなります。
診断もそうですが、ともかく「ものわすれ外来」に
つれてゆくことです。
薬もありますし、リハビリなどもあります。
仮性近視を直すように、少なくとも「仮性」は
直すことです。

次に、ご存じだと思いますが「介護」は大変手数が
かかることですから、動員の用意が必要です。
近くの介護保険外サービス提供団体とコンタクトして
おくこと(家政婦業とも必要かもしれません)。
近所のお助けも重要です。
>信頼のできる人で介護事業にも携わっていて理解の
>ある方
には、ご支援を願いましょう。

そして最後までの住みかを、
  本人の意向(リビングウイルを含む)
  サポートする側の力量
から、あらかじめ決めておくことです。2つ位の案でも
よいと思いますが。
後手後手は大変です。先手先手にすることです。

貴女が母、叔母経由で進めることは悪くはありませんが
少なくとも「司令塔」として先手先手を打つことです。
介護、そして終末医療にはそれなりの知識が必要です。
若い貴女なら習得も速いでしょう。
祖父、祖母は何歳でしょうか(質問するなら明示要)。
今般は終末医療については割愛します。

投稿日時 - 2016-09-23 10:00:43

お礼

ご回答ありがとうございます

治療の必要性の有無を判断するためにも、まずは検査を受けさせて欲しいと思っています。

本人は「おじいさんの面倒は私が最後まで家で見るけど、私は施設に入れてくれたらいい」といい顔をしますが、実際には入所を拒否すると思います。「私はいいと言ったけど子ども達が、子ども達が見てくれるというから世話になっている」というのが祖母の一番の望みだと思います。また、今でさえ本人と周りが思う祖母の状態についての意識の差が大きく、「私はまだ大丈夫!」とごねる気がします。

母は「親の面倒は子の世代で何とかするつもり。孫たちまで負担をかけるつもりはない」と言っています。
質問の中でも少し触れましたが、介護の仕事をしてきたため、母や叔母から意見を求められることはありますが、主体となって動くのは母と叔母ですので、裏方に徹するつもりです。私はこれから先、とても祖父母の生活を自分の生活よりも優先させることは出来ません。長期間に渡るであろう介護ですので、少々覚えが悪くても無理せずできる範囲で頑張ればいいと思っています。できないことはプロに頼ります。
体の衰え具合には個人差がありますし、必ずしも年齢に比例するものではありませんし、「もうすぐ介護が必要になるであろう祖母」に何が必要かを問う質問とさせていただきたいので、年齢などの詳細についてはお答えしませんが、お許しください。
また終末医療については、現病の進み具合などで大きく変わってくることでもありますので、今は考えられる段階にありません。それらを視野に入れる必要が出てきたときには、主治医等と話しながら考えようと思います。

幅広いご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-09-23 19:33:23

ANo.3

>その時が来るまで何もしないで、後悔はないのでしょうか。

後悔なんてありませんよ。

実母:重度の認知症。要介護4。91歳。
義母:身体障害者。要介護3。96歳。

子が親の老後の世話をするのは至って普通のこと。

妻の弟:義母の面倒を診るのが困難になった。
私の妻:えっ、えーっ!
わたし:「こっちに引き取る」って言わんかい。

もちろん、今日の事態が来ることを想定して介護のための部屋を10年前に増築。そういう物質的な裏付けがあれば、後は時を待つのみ。

>介護で家庭がもめる!

そんなことはありませんよ。
介護中であっても、我が家の犬を出産させてきました。
確かに、超戦闘態勢ですが・・・。

>またまた、あんたら張り切っているんだろうねー。

超戦闘態勢に生き生きとしている私らに子供たちは呆れ顔。介護なんて楽しく生き生きハツラツとやるもんです。強いて言えば、そういう性格の持ち主であることですかね。

投稿日時 - 2016-09-22 19:33:03

お礼

再度ご回答いただきありがとうございます

介護のため増築などにのご準備をされていたんですね。うちの場合、精神的なものも「そういう物質的な裏付け」も何もない状態ですので、この質問をしました。
勿論全ての家族が揉めるわけではないでしょうけど、今まで介護がきっかけで拗れた兄弟、夫婦を見てきたので、不安は消せません。
性格は簡単には変えられませんし、できる準備をしていきたいと思っています。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-09-23 08:08:21

ANo.2

今のうちに出来る心づもりや考えておいた方が良いこと、
何かありますが?
 ↑
そのうち、質問者さんのことも判らなくなります。
そして車椅子生活になり、寝たきりになります。

自宅で家族が介護するのは大変ですよ。
人を頼んでも大変です。
家庭が崩壊します。

老人ホームが一番現実的で安上がりです。
公設は百年待ちです。

お金です。

皆でお金の相談をしておくことをお勧めします。

投稿日時 - 2016-09-22 18:23:24

お礼

ご回答ありがとうございます

前述のとおり介護職経験があるので、在宅での介護がいかに大変で、支える側の負担が大きいか、想像がつきます。本人が幸せにいられることが大原則だと言いますが、その為に子ども達(叔母、母)が犠牲になってはいけないと思っています。
お金は祖父母もある程度貯えがありますので、いざと言うときに施設に預けるか、家で面倒を見るか、子ども間で揉めないように話し合うよう勧めてみます。

投稿日時 - 2016-09-23 07:59:58

ANo.1

Q、今のうちに出来る心づもりや考えておいた方が良いこと、何かありますが?
A、何もない!

只今、実母と義母とを引き取って介護中。どうやら重複介護ってやつらしい。

>自活出来なくなったら来たらいい!
>いや、まだまだ大丈夫!

が、やはり共に88歳までが限度でしたね。

【心づもり=その時はその時】で、何もなしです。

投稿日時 - 2016-09-22 16:41:40

お礼

ご回答ありがとうございます

自活できなくなった時に、それを自覚してくれればいいのですが。
足腰ではなく認知によって自立が難しくなってしまうと、できなくなっている自覚がない危険性があると思っています。
介護業務に携わる中で、親の介護で拗れる兄弟仲、夫婦仲を見ました。祖父母の介護のために叔父、叔母、両親の関係が変わらないことを望んでいます。

その時が来るまで何もしないで、後悔はないのでしょうか。
机上の空論、案ずるより産むがやすしと言いますが、後悔先に立たずとも言います。

投稿日時 - 2016-09-22 17:44:34